サダハルアオキ

世界的なパティシエ、青木定治が立ち上げた自身のお菓子ブランド。

 

青木定治の経歴〜

  • 1991年に渡仏し、パリのジャン・ミエ、スイスのレストラン・ジラルデ、そしてパリのクーデルでの研修・勤務を経て、1998年パリの7区に初のアトリエを開設。
  • 2001年にはパリ6区に初のブティックとなるヴォジラール(Vaugirard)店をオープン。
  • 2002年、元TBSアナウンサー、雨宮塔子と結婚
  • 2003年には2号店としてポールロワイヤル(Port Royal)店をオープンし、アトリエ、ブティック、事務所の全機能をこの店舗近辺に統合した。
  • 2004年、パリの大手百貨店ギャラリー・ラファイエット(Galeries Lafayette)のグルメ館にて販売を開始。
  • 2005年には全日本空輸(全日空、ANA)パリ発東京便機内でファースト、ビジネスクラスのサービス用としてパティスリーの提供を開始。同年3月には東京都丸の内に日本初のブティックをオープンしている。
  • 2006年には東京都新宿伊勢丹内にブティックをオープン。その後日本国内では、東京ミッドタウンにもブティックをオープン。パリの新店舗とともに台湾にも進出し、現在ではパリに4店舗、東京に4店舗、台北に2店舗を構えるに至る。
  • 2007年にはルレ・デセール(Relais Desserts)の会員に登録される。
  • 2009、2010年にはフランスでもっとも権威のあるショコラの格付けを行うCCC(club des croqueurs de chocolat:クラブ・デ・クロクール・ドゥ・ショコラ)によって4タブレット(5段階評価)を獲得。2011年には同格付けにて最高位となる5タブレット+スターを獲得し、上位12名にのみ与えられるAwardを授与された。また同時期にフランスではミシュランガイドブックに並ぶグルメガイドであるピュドロ(Pudlo)にて2011年の最優秀パティシエ(Pâtissier de l’année 2011)に選ばれるとともに、パリ市庁賞としてメダルがパリ市より授与。さらに日本でも、農林水産省主導による料理人顕彰制度によって料理マスターズに選出されている。(引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/青木定治)

 

と、スイーツの本場ヨーロッパで認められたパティシエなんです。

看板商品:

マカロン

サダハルアオキマカロン

 

ふわっとした食感のフランスのお菓子マカロン。

それを青木定治はマカロンの本場、パリで3年間の歳月をかけて美味しいと評価されている全店舗のマカロンを食べ歩き、“美味しいマカロンとは何か?世界一の美味しさは何か?”を研究し、独自で考案した配合比と製法でアオキならではのマカロンを誕生させました。

店舗紹介:

サダハルアオキの店舗紹介

今の所東京のミッドタウンや丸の内、渋谷ヒカリエなど5店舗を展開中。

お取り寄せの問い合わせ:

お取り寄せスイーツのサダハルアオキ

関連記事

サダハルアオキの人気お取り寄せ「ショコ・レ」